ニュース
» 2014年07月14日 18時05分 UPDATE

3Dプリンタ銃の設計図、ネット上で削除要請の対象に IHCガイドラインで「有害情報」に指定へ

3Dプリンタ銃の設計図などを削除対象に加えたインターネット・ホットラインセンターの新ガイドライン改訂案が公表された。

[ITmedia]
画像 新旧対照表の一部

 3Dプリンタ銃の設計図も「有害情報」に――ネット上の違法情報や有害情報の把握・削除要請などを行うインターネット・ホットラインセンター(IHC)を運営するインターネット協会はこのほど、3Dプリンタ銃の設計図などを削除対象に加えた新ガイドライン改訂案を公表した。

 改訂案では、有害情報に、3Dプリンタによる銃砲の製造が可能な設計図データを追加したほか、下着などの盗撮行為の誘い、ストーカー行為の請負い、住民票の写しなどの不正入手の請負なども追加した。

 改訂案のパブリックコメントを7月24日まで募集中。メールと郵送で受け付けている。

 IHCは、ISP各社やネット関連企業で構成する財団法人インターネット協会が運用する民間団体で、警察庁からの委託に基づいて運営。ネット上の違法情報や有害情報の把握、削除要請に当たっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -