ニュース
» 2014年07月15日 16時38分 UPDATE

空港スタッフにスマートウォッチを JALが羽田空港で実証実験

スマートフォンとスマートウォッチを使って空港スタッフの業務を効率化する実証実験をJALがスタートした。

[ITmedia]

 日本航空(JAL)は7月16日から、空港内のスタッフにスマートフォンとスマートウォッチを装備させ、旅客案内業務を効率化する実証実験を羽田空港第1旅客ターミナルビルで始める。期間は約1カ月間。

photo

 実験では、空港スタッフにスマートウォッチ(GALAXY S5/Gear2など)とスマートフォンを配布。各搭乗ゲートに設置したビーコン端末で管理センターがスタッフの位置情報を把握し、スタッフのスマートウォッチに各種業務情報を配信していく――といった具合だ。

 JALは実験を通じて「顧客へのスピーディーな対応と、より効率的なスタッフの配置」を目指すという。システム開発には野村総合研究所(NRI)が協力している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -