ニュース
» 2014年07月29日 16時03分 UPDATE

「ビッグデータ」、認知度9割に 活用企業は1割以下にとどまる

「ビッグデータ」という言葉の認知度は約9割にのぼるものの、実際にデータを活用できている企業は1割以下――IDC Japan調査。

[ITmedia]

 IDC Japanが7月28日発表した国内企業のビッグデータ活用動向分析によると、IT部門での「ビッグデータ」という言葉の認知度は約9割に上るものの、実際に活用している企業は1割以下にとどまっている。

photo ビッグデータを活用する主な目的

 「ビッグデータ」という言葉の認知度は、IT部門で88.4%(昨年74.8%)、非IT部門では56.5%(同33.5%)と大きく増加したが、実際に提供/利用しているという企業は全体の7.2%にとどまった。大企業ほど活用率が高く、「流通」「運輸/運輸サービス」「通信メディア/情報サービス」の3分野が特に積極的に取り組んでいる。

 ビッグデータの活用目的は、「マーケティング強化」が約4割で最も多く、「業務オペレーション改善」「リスク管理」「業績/パフォーマンス評価」が続く。「売上拡大」を目標に掲げる回答が半数を超えたものの、今後3年間に期待する貢献として「最大で10%程度」以下の回答が約85%を占めており、過度な期待ではなく現実的な収益貢献が求められているようだ――としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -