ニュース
» 2014年07月30日 19時32分 UPDATE

任天堂4〜6月期、99億円の最終赤字 Wii U販売は51万台、「勢い改善」

任天堂の4〜6月期連結決算は99億円の最終赤字に。Wii Uの販売台数は前年同期比約3倍の51万台となったが、業績の押し上げには至っていない。

[ITmedia]

 任天堂が7月30日に発表した2014年4〜6月期連結決算は99億円の最終赤字に転落した(前年同期は86億円の黒字)。Wii Uの販売台数は前年同期(16万台)の約3倍・51万台(うち国内6万台)となり、「『マリオカート 8』がプラットフォームの勢いの改善に貢献した」が、業績の押し上げには至っていない。

 売上高は前年同期比8.4%減の746億円にとどまり、営業損益は94億円の赤字(前年同期は49億円の赤字)、経常損益は99億円の赤字(同148億円の黒字)と赤字が拡大した。

 Wii Uのソフト販売は439万本と前年同期(103万本)の約4倍。「マリオカート 8」が282万本を販売するヒットとなったが、ほかにヒットソフトが少なかったとしている。

 ニンテンドー3DSはハード・ソフトとも前年同期を下回り、ハードは82万台(前年同期は140万台)・ソフトは857万本(同1101万本)にとどまった。

 Wii Uは夏から年末にかけて「ゼルダ無双」など有力タイトルを発売するほか、ゲームと連動するキャラクターフィギュア「amiibo」(アミーボ)を発売してプラットフォームの活性化に努めるとしている。

 3DSは今後、「大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS」「ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア」など有力タイトルを投入し、「しっかりとした利益を生み出す」としている。

 年末商戦向けタイトルの投入で売り上げ拡大を見込み、400億円の営業黒字などとした業績見通しは変更しない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -