ニュース
» 2014年08月08日 15時50分 UPDATE

SmartNews、新たに36億円調達 グリー・ミクシィとは業務提携も

ニュースアプリ「SmartNews」を運営するスマートニュースが総額36億円を調達。グリーとモバイルゲームや海外展開で、ミクシィとネイティブ広告ネットワークで提携する。

[ITmedia]

 ニュースアプリ「SmartNews」を運営するスマートニュースは8月8日、総額36億円の資金調達を実施したと発表した。リードインベスターとしてグリーのほか、Skype共同創業者が設立したベンチャーキャピタル・Atomicoが参加しており、資金は人材採用や海外拠点の整備、広告事業など収益化に活用する。

 グリーとAtomicoのほか、ミクシィやディー・エヌ・エー共同創業者の川田尚吾氏、グロービス・キャピタルパートナーなどが参加する。

photo テレビCMの展開も始めた

 グリーとミクシィとは業務提携し、グリーとはSmartNewsでモバイルゲーム・アプリ関連コンテンツの強化と海外展開支援、ミクシィとはネイティブ広告ネットワーク「スマートアド」(仮称)で協力。スマートニュースはスマートアドを開発し、ミクシィはSNS「mixi」の「フィード」内にスマートアドの広告を配信する。ミクシィからは川崎裕一取締役が、スマートニュースのシニア・ヴァイス・プレジデント/執行役員(広告事業開発担当)に就任する。

 Atomicoを設立したニクラス・ゼンストローム氏はSkypeの共同創業者。「国内で目を見張る成長を続け、いまやグローバルに拡大していこうとしている世界最高水準のチームのお手伝いができるのは本当に素晴らしいことです」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -