ニュース
» 2014年08月11日 09時02分 UPDATE

Amazon対Hachetteでキングら約900人の作家が意見広告「べゾスCEOにメールを」

AmazonとHachetteが電子書籍の価格をめぐる争いに作家と読者を巻き込んでいるとして、906人の作家がAmazonに抗議する意見広告をNew York Timesに掲載した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comが米出版大手Hachetteの書籍を購入しにくくしている問題に関して、作家のダグラス・プレストンが主催する「Authors United」は8月10日(現地時間)、米New York Timesの日曜版に意見広告を出した。スティーブン・キングやポール・オースターなどの人気作家を含む906人が署名している。

 この広告は読者に向けて、AmazonがHachetteに契約更新の条件を飲ませる目的でHachetteの出版物を差別し、結果的に作家と読者が被害を受けている現状を説明した上で、「われわれはAmazonに対し、これ以上作家を傷つけることなく、また顧客の書籍購入を阻むことなくHachetteとの紛争を解決するよう求める」と書いている。さらに、「われわれの忠実な読者」に対し、Amazonのジェフ・ベゾスCEOに意見メールを出すよう同氏のメールアドレス付きで呼び掛けた。

 readers 意見広告の冒頭部分

 この広告が掲載される前日の9日、Amazonは「Readers United」というWebサイトで7月29日に説明したHachetteとの紛争の理由を再度説明し、Hachetteが電子書籍の価格引き下げに応じれば読者とAmazonにとってだけでなく、作家とHachetteにとってもメリットになるという主張を繰り返した。その上で、読者と作家に対し、Hachetteのマイケル・ピーチCEOのメールアドレスを提示し、電子書籍の価格を下げるようメールで訴えてほしいと呼び掛けた。

 Amazonの米国サイトでは現在、「マレフィセント」など複数の米Walt Disney Studiosの映画Blu-rayの予約ができなくなっており、DisneyともHachetteと同様に契約更新が難航しているとみられる。

 disney

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -