ニュース
» 2014年08月12日 13時40分 UPDATE

バカンティ氏、麻酔科長退任し休職? 「STAP論文」共著者

米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授が、所属する病院の麻酔科長を退任し、1年間休職する意向であることが分かった。

[ITmedia]
画像 ポール・ナウフラー准教授のブログより

 「STAP細胞」論文共著者で、小保方晴子氏の米国留学時代の指導者だった米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授が、所属するブリガム・アンド・ウイメンズ病院の麻酔科長を退任し、1年間休職する意向であることが分かった。

 幹細胞研究に詳しい米カリフォルニア大学のポール・ナウフラー准教授が自身のブログで、バカンティ氏が同僚に宛てたとするメールを公開した。

 メールには、9月1日に麻酔科長を辞めること、将来の目標を熟考するために1年間の休暇を取り、来年9月に戻ってくることなどが書かれている。STAP問題については触れていない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -