ニュース
» 2014年08月13日 15時46分 UPDATE

リブセンス、業績見通しを大幅に下方修正 前期比で7割の減益予想

リブセンスが今期の業績予想を大幅に下方修正。人手不足と「Webマーケティング施策の遅れ」から主力の求人サイトへの集客が低迷した。

[ITmedia]

 リブセンスは8月13日、2014年12月期通期の業績予想(単体)を大幅に下方修正し、売上高は当初予想から35.6%減の42億8000万円、営業利益は73.4%減の5億1700万円にとどまる見通しだと発表した。労働需給のひっ迫や「Webマーケティング施策の遅れ」から主力の求人サイトへの集客が想定を下回り、当面の回復も見込めないと判断した。

 前期比では営業利益、経常利益、最終利益は約7割減に落ち込む見通しだ。

 人手不足と「Webマーケティング施策の遅れ」から1〜6月期業績が想定を下回る着地に。Webマーケティングの「一時的対応」は完了し、「継続的なサイト改善に全力で取り組んでいる」ほか、求職者向けサポートの強化や顧客企業の利用促進策などを講じているが、「事業環境の急速な回復がいまだ見られない」として大幅な下方修正を迫られた。

 経営責任を明確化するため、村上太一社長と社内取締役は役員報酬50%を来年1月まで6カ月間返上する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -