ニュース
» 2014年08月19日 18時08分 UPDATE

はてなとフリークアウト、不適切サイトへの広告出稿を制御する「アドベリフィケーション」共同開発

はてなとフリークアウトが広告配信先から不適切サイトを検出するアドベリフィケーション機能「BrandSafe はてな」を開発した。

[ITmedia]

 はてなとフリークアウトは8月19日、不適切なサイトへの広告出稿をコントロールするアドベリフィケーション機能「BrandSafe はてな」を開発したと発表した。「2chまとめ」といった基準でも広告配信先を判定でき、広告主が出稿によってブランドにダメージを負う可能性を減らせるという。

photo BrandSafe はてなとFreakOut DSPによるブランド保護の仕組み

 フリークアウトが提供するRTB(リアルタイム入札)対応DSP「FreakOut」に搭載し、サービス提供を始めた。

 アドベリフィケーションは、広告配信先サイトから不適切なサイトを判定し、出稿をコントロールすることで企業ブランドを損なうことを防止する機能。欧米市場を中心に同様の機能は提供されているが、日本のネットカルチャーに対応していないなどの問題から、国内市場での普及は遅れている。

 「BrandSafe はてな」は、ソーシャルブックマーク「はてなブックマーク」でスパムや違法サイト対策のため使用している機械学習エンジンをもとに、日本市場に合わせて開発した。サイト内の情報だけでなく、ユーザーによってページに付けられたタグやコメントなども考慮し、特有のネットスラングや隠語も抽出する。「違法ダウンロード」「アダルト」といったサイトだけでなく「2ちゃんまとめ」などの基準でもリアルタイムに高精度に配信先サイトを判定できるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -