ニュース
» 2014年08月19日 20時51分 UPDATE

小林幸子さん、コミケ初参加で「物作りの原点を改めて感じた」

夏コミにサークル参加し、「歌ってみたCD」を手売りした歌手の小林幸子さんがブログにコミケ初参戦の感想をつづった。「物作りの原点を改めて感じました」などと振り返っている。

[ITmedia]
画像 小林さんのブログより

 「コミックマーケット86」(東京ビッグサイト)にサークル参加し、「歌ってみたCD」を手売りした歌手の小林幸子さんが、8月18日付けのブログにコミケ初参戦の感想をつづった。「物作りの原点を改めて感じました」などと振り返っている。

 小林さんは夏コミ3日目の17日、サークル「5884組」(コバヤシグミ)として壁際の「東シ88b」に出展。「千本桜」など人気ボーカロイド楽曲の「歌ってみた」を収録したCD「さちさちにしてあげる♪」(税込1000円)を手売りで販売した。CDを求めて参加者の大行列ができ、1500枚のCDが3時間弱で完売。完売後も買えなかったファンに握手するなど、丁寧な対応で話題になった。

 小林さんはブログで「最初は、どのくらいの方々が来てくださるのかわからず、みなさんにも受け入れていただけるかどうかとても不安」だったと打ち明ける。だが、周囲のサークルやファンに温かく迎えられ、「とっても嬉しかった」という。また「今回コミケに参加して物作りをしている皆さんの熱意をとても感じ、物作りの原点を改めて感じました」としている。

 CDは再販する予定。詳細が決まればまた告知するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -