ニュース
» 2014年08月27日 12時32分 UPDATE

Uber、ランチ配達サービス「uberFRESH」のテストを開始

ハイヤー配車アプリのUberが、日替わりランチの配達サービス「uberFRESH」をサンタモニカでスタートした。12ドルのヘルシーなランチが注文から約10分で届く。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 スマートフォンアプリからハイヤーの配車を頼めるサービスを提供する米Uberは8月26日(現地時間)、ランチ配達サービス「uberFRESH」をカリフォルニア州サンタモニカで開始したと発表した。

 サンタモニカ在住のUberユーザーは、8月26日〜9月5日のウィークデーの午前11時半〜午後2時半の間、Uberアプリから日替わりランチ(12ドル)を注文できる。ランチは提携するレストランが調理する。Uberは公式ブログで、レストランやメニューのリクエストを受け付けている。

 uber 1 火曜日はチキンスープとシーザーサラダ。デザートとしてクッキーもついてくる

 配達はUberのドライバーが行う。通常のランチの配達は45〜60分かかるが、uberFRESHは注文から約10分で届くという。企業のオフィスなどの場合も含め、発注者は路上までピックアップに行く必要がある。

 uber 2

 uberFRESHはまだテスト段階だが、評判がよければ期間の延長やテスト地域の拡大の可能性もある。

 Uberは「あらゆる問題を解決する」ことを目指しているとし、自転車便を一部地域で提供している他、スーパーなどの買い物の荷物の配達引っ越しサービスもテスト中だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -