ニュース
» 2014年08月28日 11時23分 UPDATE

来年の年賀はがき、住所知らない「LINE」の友人に送れる AR機能も

来年の年賀はがきで、住所を知らないLINEの友人に送れるサービスを日本郵便が提供。同社の郵便はがきとして初めて、AR機能も実装する。

[ITmedia]

 日本郵便は8月27日、10月30日に発売する2015年用年賀はがきについて、住所を知らないLINEの友人に送れるサービスを提供すると発表した。また、同社の郵便はがきとして初めてAR(拡張現実)機能を実装する。

画像

 同社はこれまで、住所の分からない「mixi」「Facebook」ユーザーなどに年賀はがきを送れるサービスを外部企業と展開していたが、新たにLINEと連携する。

 スマートフォン版「はがきデザインキット」で年賀状デザインを作成し、「LINEで送る」を選ぶとLINEアプリ上で宛先を選択でき、受取人とのトーク画面に受取手続用のURLが表示される。受取人がURLにアクセスして住所入力などを終えると手続完了となり、年賀状が届けられる。

画像

 日本郵便のLINE公式アカウント(今後開設予定)上に画像データを送信すると、LINEのキャラクター入り年賀状テンプレートと画像を合成し、年賀はがきのデザインを作成できるサービスも展開。LINEのAPI「LINEビジネスコネクト」を活用する。

画像 LIVEAction ARの表示例(ソニーのニュースリリースより)

 同社の郵便はがきとして初めてAR機能を付ける。年賀はがきの切手部分をスマートフォンの対応カメラアプリでとらえると、3Dのキャラクターがそこに存在するかのように動き出す。ソニーデジタルネットワークアプリケーションズの技術「LiveAction AR」を活用した。

 「ハローキティ」をデザインした絵入り年賀はがき「ハローキティ年賀」を新たに発行。ハローキティ年賀の裏面の二次元コードをアプリで読み取ると、ARコンテンツを楽しめる機能も用意する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -