ニュース
» 2014年09月01日 17時24分 UPDATE

日経グループのニュースをコンパクトに iOSアプリ「Niid」公開

「日本経済新聞」「日経産業新聞」など日経グループのニュースを編集者が選び、コンパクトに届けるアプリ「Niid」が公開。

[ITmedia]

 日本経済新聞社は9月1日、「日本経済新聞」「日経産業新聞」など日経グループの媒体からテーマに沿って記事をピックアップし、ポイントを要約した見出しを付けるなどしてコンパクトに届けるニュースアプリ「Niid」(iOS向け)を公開した。当面は試行期間として無料提供するが、アプリ内課金制を採り入れる予定。

画像

 日経新聞、日経産業新聞に加え、「日経MJ」「日経ヴェリタス」「NIKKEI ASIAN REVIEW」など日経グループが発行する有料媒体から、日経のプロ編集者が今押さえておきたい情報を選び、テーマ別に編集。スマートフォンで読みやすいよう、記事のポイントを要約した見出しを付けて提供する。更新は1日1回。

 まずは、企業の戦略を紹介する「ビジネス戦略ナビ」、マーケティングに役立つ記事を届ける「ヒット&トレンド」、アジアのトピックを伝える「知りたい!アジア」、日経の主要ニュースを英語で聴ける「英語で聴くNIKKEI」の4チャンネルを提供。土日を除く毎日、各トピック1日8本の記事を掲載する(英語で聴くNIKKEIのみ原則5本)。

 Niidは「Nikkei」と「Identity」を組み合わせた造語で、「必要な情報を提供する」という意味を込めて「Need」の語感も加味した。多数の記事を配信する日経新聞電子版と異なり、テーマを絞った切り口でコンパクトに情報を届けるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -