ニュース
» 2014年09月02日 08時51分 UPDATE

Apple、「どんなアプリの申請を却下するか」の説明ページを開設

AppleがiOSアプリ開発者向けサイトにApp Storeへの申請に際する注意を説明するページを追加し、アプリ却下理由トップ10を紹介した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは9月1日(現地時間)、iOSアプリ開発者向けサイトに「Common App Rejections」(よくあるアプリ却下理由)という新しいページを開設した。

 reject 1

 このページはAppleが2010年に公開したApp Store審査ガイドラインに準拠しており、「バグやクラッシュがあってはいけない」「ユーザーインタフェースはAppleのデザインガイドに準拠しなければならない」といった説明が具体例とともに説明されている。

 ページの最後には、「8月28日までの7日間に却下されたアプリの却下理由トップ10」というコーナーがある(期間は今後更新されるのかもしれない)。理由の42%は「その他」になっているが、それ以外で最も多い理由は「情報不足(14%)」「バグがある(8%)」「Developer Program License Agreementに準拠していない(6%)」「Appleのデザインガイドに準拠していない(6%)」などとなっている。

 reject 2

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -