ニュース
» 2014年09月08日 09時50分 UPDATE

拡張現実アプリのDaqri、業務用「スマートヘルメット」を発表

モバイル向けARアプリを手掛けるDaqriが、業務用HUD「Smart Helmet」を発表した。周囲の状況や物体を認識し、道案内や機器の取り扱い説明など、必要な情報を適宜バイザー部分に表示する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 iPhoneおよびAndroid向けAR(拡張現実)アプリを手掛ける米Daqriは9月6日(現地時間)、業務用ヘッドアップディスプレイ(HUD)「Smart Helmet」を発表した。

 daqri 1

 ヘルメットには複数のカメラやセンサーが搭載されており、ユーザーの周辺360度をトラッキングする。

 daqri 2
 daqri 3

 これらのカメラやセンサーで収集するデータと同社が「Intellitrack」と名づけた追跡技術により、作業に必要な情報をバイザーの部分に表示する(Daqriはこうした現実世界(3D)にもう一層重ねるツールを「4D」と呼んでいる)。

 例えば工場内の道案内や、複雑な機器の取り扱いマニュアルなどが表示される。紹介動画では、計測器を視野に入れると、正常数値範囲が表示され、その計測器の数値が正常かどうかを確認するシーンが紹介されている。

 daqri 4

 こうした業務用4D技術は、米GoogleもGoogle Glassの「Glass at Work」プロジェクトで取り組んでいる。

 米Wall Street Journalによると、Smart HelmetのOSはAndroidで、Qualcommのプロセッサを2個搭載する。価格は数千ドルになるという。10月に発売する計画だ。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -