ニュース
» 2014年09月08日 14時58分 UPDATE

リコー、3Dプリンタ事業に参入

リコーが3Dプリンタを核とした事業に参入。3Dプリンタの自社製造・販売も視野に研究・開発を進める。

[ITmedia]

 リコーは9月8日、3Dプリンタを核とした事業に参入すると発表した。企業向けに3Dプリンタ活用を支援する拠点「RICOH Rapid Fab」(リコーラピッドファブ)を9月中に開設するほか、3Dプリンタの自社製造・販売も視野に研究・開発を進める。

 RICOH Rapid Fabは、企業の設計・製造部門の顧客を中心に、3Dプリンタの活用によるものづくりの変革を提案する場として、新横浜事業所(神奈川県横浜市)と厚木事業所(神奈川県厚木市)内に開設。3Dプリンタの展示や仕入れ販売、顧客のデータを用いた出力サービス、コンサルティングを提供する。今後はグローバルに拠点を広げる計画だ。

 同社グループは20年以上にわたって設計業務で3Dプリンタを活用してきており、試作や金型加工などの技術、3Dプリンタに必要なインクジェット技術や材料や紛体の技術を持つという。同社は新事業でこれらの技術を活用。3Dプリンタの自社製造・販売も視野に、さらなる研究・開発を進めるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -