ニュース
» 2014年09月12日 07時40分 UPDATE

Chromebook用Androidアプリ、まずは「Evernote」など4本が登場

Googleが6月に予告したAndroidアプリのChromebook最適化プロジェクト「App Runtime for Chrome」の第一弾として、「Evernote」や「Vine」など4本のアプリがChrome Web Storeで公開された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月11日(現地時間)、Chromebookで利用できるAndroidアプリ4本がリリースされたと発表した。Chromebookユーザーは、Chrome Web Storeからダウンロードできる。

 リリースされたのは、メモアプリの「Evernote」、米Twitterの6秒動画アプリ「Vine」、語学学習アプリ「Dualingo」、子どもの読解力促進アプリ「Sight Words」の4本。

 chrome android 1 Evernote

 Googleは6月のGoogle I/Oで、AndroidアプリをChromebookに最適化するプロジェクトを発表し、Evernote、Vine、「Flipboard」のデモを行った。今回発表されたアプリは「App Runtime for Chrome(β)」と名付けられたこのプロジェクトの最初の成果だ。Googleは、Chromebook用Androidアプリは今後さらに増えていくとしている。

 chrome android 2 Google I/Oでの発表

 GoogleはGoogle Formsで、Chromebookで利用できるようにして欲しいAndroidアプリのリクエストフォームを(恐らくGoogle I/Oの直後から)公開している。

 Chromebookは日本では7月から、企業・教育機関向けに販売されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -