ニュース
» 2014年09月14日 14時14分 UPDATE

朝日新聞、任天堂に謝罪 公式動画の岩田社長発言をインタビューしたかのように記事に

朝日新聞が掲載したゲーム業界動向についての記事で、任天堂の岩田社長が公式サイトの動画内で発言した内容を記者がインタビューしたかのように掲載していたとして、朝日新聞が謝罪。

[ITmedia]
photo 朝日新聞の謝罪(Web版)

 朝日新聞社は9月14日、2年前に経済面に掲載した記事で、任天堂の岩田聡社長が公式サイトの動画で発言した内容をインタビューしたかのように掲載していたとして、「動画内の発言だったことを明記するべきだった」として任天堂と読者に謝罪した

 記事は2012年6月8日に掲載した「ソーシャル時代、どう対応?/ゲーム大手4社に聞く」。「各社の責任者に話を聞いた」というリード文に続きゲーム大手の代表のコメントが掲載されており、任天堂の岩田社長は「Wii U」の狙いについて述べる内容だった。

 朝日新聞によると、任天堂に対し社長への取材を申し込んだが、了解が得られなかったため、公式動画の発言の内容をまとめて記事にしたいと伝え、了解を得られたと思い込んで記事にした、という。だが掲載後、任天堂から「インタビューは受けていない」と抗議され、謝罪していたという。

 週刊文春(Web版)は9月14日付けで、「朝日新聞に新たな不祥事 任天堂・岩田聡社長インタビューを捏造していた!」という記事を掲載し、「任天堂から抗議を受けたにもかかわらず、読者に対して2年以上もの間、訂正もせずに放置していた事実は重い」と指摘した。

 朝日新聞は「今回新たに外部から指摘があり、事実関係を改めて調査した結果、紙面でおわびする必要があると判断した」として謝罪した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -