ニュース
» 2014年09月16日 15時53分 UPDATE

パイオニア、DJ機器事業の売却を発表 カーエレクトロニクスに集中

パイオニアがDJ機器事業の売却を正式発表。DJ機器は今後もパイオニアブランドで販売される。

[ITmedia]

 パイオニアは9月16日、DJ機器事業の売却を正式発表した。既にホームAV機器事業も売却しており、今後はカーエレクトロニクス事業に経営資源を集中する。

photo パイオニアのDJプレーヤー「CDJ-200NXS」

 DJ機器事業は、米投資ファンドKKRに来年3月2日に590億円で売却する。同事業を会社分割して設立する新会社をKKR傘下企業に売却し、パイオニアはKKR傘下企業の第三者割当増資を引き受け、同社の議決権比率の14.95%を取得して資本関係を持つ。

 パイオニアはDJ機器事業の新会社に「パイオニア」と「パイオニアDJ」ブランドを使用許諾し、製品は同ブランドで販売が継続される。

 パイオニアのDJ機器は高いブランド力と市場シェアを持つが、「今後の更なる成長の達成のために、資金リソースやノウハウを持ち事業ビジョンを共有できるパートナーを迎え入れることが最適と判断した」という。今後はカーエレクトロニクス事業に集中し、高機能化したカーナビなどの車載端末や、地図を活用する情報サービスなどに注力していく。

 パイオニアはレーザーディスクなどを手がけてきたAV機器の老舗の1社だが、プラズマテレビから撤退するなど苦戦。6月にはホームAV事業をオンキヨーと投資ファンドの連合に売却することを発表していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -