ニュース
» 2014年09月18日 20時18分 UPDATE

ドコモ、自社iPhoneも下取り 対象購入機種は全機種に拡大

ドコモがiPhone下取りプログラムの対象を拡大し、自社iPhoneも下取りの対象に。

[ITmedia]

 NTTドコモは9月18日、「iPhone下取りプログラム」の対象を同社と契約しているiPhoneにも拡大すると発表した。対象購入機種もiPhoneに限らず、同社の全機種に広げる。

photo iPhone 5sからiPhone 6 Plusまで

 これまではドコモのiPhoneにMNPで乗り換えたユーザーに対し、iPhoneの購入代金を下取りで値引きする内容だった。新たにドコモのiPhoneを利用しているユーザーも下取りを利用できるようになる上、購入機種はiPhoneに限らない。実施期間は9月19日から10月31日まで。

photo ドコモの下取り額

 下取りによる値引き額は、iPhone 5sの64Gバイトモデルが最大3万2400円(税込)、iPhone 5Cの32Gバイトモデルが最大2万5920円(税込)など。他社から乗り換えた場合と比べ安くなっている。

 iPhoneの下取りと同時にiPhoneを含むドコモの携帯電話を購入することなどが条件。他社iPhoneを利用中のユーザーがオンラインショップで下取りを希望する場合、購入できるのはiPhoneのみとなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -