ニュース
» 2014年10月03日 15時47分 UPDATE

KDDI、Firefox OSベースの開発者向けプラットフォーム開発 組み込み機器とWebと連携を簡単に

KDDIがFirefox OSベースの開発ボードとアプリ開発ツールを発表した。オープンプラットフォームでスマホや電子機器とWebの連携を促進していく狙いだ。

[ITmedia]

 KDDIは10月3日、組み込み機器/Web開発者向けプラットフォームとして、Firefox OSをベースとした開発ボード「Open Web Board」と、ブラウザ上で使えるアプリ開発ツール「Gluin」を発表した。

photo

 Open Web Boardは近距離無線通信機能を備えたスティック型の開発ボードで、Bluetooth Low Energy対応電子機器との連携が可能だ。市販のZigbee通信モジュールを接続するとさらに幅広く利用できる。

 Gluinは組み込み型機器をWeb上で一元的に管理し、機器間のプログラミングをグラフィックベースでできるアプリケーション開発ツール。普段Webプログラミングに関わっていないエンジニアも使いやすくなっている。

 オープンなモバイルプラットフォームを活用して開発者を呼び込み、PCやスマートフォン、家電製品などとWebの連携を促進していく狙いだ。

 両製品は10月5日に開催する「Mozilla Open Web Day in Tokyo」でデモンストレーションを行う。「Open Web Board」は10月下旬以降開催する開発者向けイベントで無償提供する予定。合わせて、コミュニティーサイト「au Firefox OS Portal Site」も5日にオープンする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -