ニュース
» 2014年10月07日 15時57分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2014:透明板とLED1個で実現する“浮かぶ3D映像” その仕組みは

オムロンは透明なプレートとLEDを使って立体映像を浮かび上がらせる「透明プレート型空間投影技術」や卓球ロボットを出展している。

[ITmedia]

 オムロンは、透明なプレートとLEDを使って立体的な映像を浮かび上がらせることができる「透明プレート型空間投影技術」をCEATEC JAPAN 2014(千葉・幕張メッセ、10月7〜11日)に出展している。

photo 奥行きのある3D映像を実空間に重ね合わせることができる
photo 複雑な形状の表示も可能だ

 透明プレートの表面に、表示したい図形などのパターンを微細加工しておく。サイドに設置したLEDから微細加工部分に光が当たると、光学的な作用で立体画像が浮き上がって見える仕組みだ。

photo 微細なパターンが見える

 ディスプレイが透明なため、実空間の物体と重ね合わせた表示が容易な上、窓などに貼り付けて使うこともできるのが特徴。奥行きのある案内表示板や、ショーウィンドウにディスプレイされた商品の周囲に情報を投影するといった用途も可能になるという。

photo 空間上で指を感知する仕組みと組み合わせれば3D映像によるスイッチも可能になる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -