ニュース
» 2014年10月21日 11時01分 UPDATE

Apple、iOSアプリの64ビット対応を義務付けへ 2015年2月から

iOSアプリ開発者は、来年2月1日以降にアップデートもしくは新規に登録するアプリを64ビット対応にする必要がある。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは10月20日(現地時間)、アプリ開発者に対し、2015年2月1日からApp Storeに登録するiOSアプリをすべて64ビット対応にするよう通告した。既存アプリもアップデートの際に64ビット対応にする必要がある。

 また、アプリの構築にはiOS 8 SDKを使うことも義務付けた。64ビットに対応させるには、Xcodeを使うことを推奨している。

 64

 Appleによると、現行のアプリの64ビット版への移行は“シームレスに”行えるという。

 64ビットプロセッサのA7あるいはA8を搭載するiOS 7以降の端末では64ビット対応アプリの利用が可能だ。App Storeのアプリの多くが64ビット対応になれば、これまでより快適にアプリを利用できるだろう。

 なお、米GoogleのモバイルOSであるAndroidは、近くリリースされる「Android 5.0 Lollipop」から64ビットに対応する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -