ニュース
» 2014年10月22日 14時45分 UPDATE

22年分の生活者データを無償公開 博報堂生活総研「生活定点2014」特設サイトで閲覧容易に

22年分の生活者意識の定点観測調査「生活定点」を博報堂生活総研が無償公開。データのダウンロードのほか、データを活用したコンテンツを多数用意し、誰でもさまざまな視点から意識の変化が時系列で分かるようになっている。

[ITmedia]

 博報堂生活総合研究所は10月22日、生活者意識の定点観測調査「生活定点」を無償で一般公開した。データをダウンロードして2次利用することが可能な上、特設サイトではデータを活用したコンテンツを多数用意し、データ分析に慣れない人でもさまざまな視点から意識の変化が時系列で分かるようになっている。

photo 「全体的に下り調子」など、グラフの形から探すことができる

 生活定点は1992年から隔年で実施。首都40キロ圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県)と阪神30キロ圏(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県)の20〜69歳の男女という同じ対象者設定に対し同じ質問を継続して尋ねる定点調査で、項目数は衣食住から恋愛・結婚、消費、メディア接触など項目数は約1500。2014年の有効回収数は3201人だった。

 サイトでは、22年間にわたる約1500項目の回答値を一覧できる集計表(Excelファイル)を無償でダウンロードできる。集計表は検索機能や時系列グラフの自動作成機能などを備え、調査票などもダウンロードできる。

 またチームラボが協力し、さまざまなデータをグラフやランキング形式で直感的に分かるコンテンツも用意。「グラフの形から見る」では、「V字回復」や「全体的に下り調子」「ここ2年で最も上昇」といった折れ線グラフの形からデータを見つけることができる。

 研究者や企業・マーケティング関係者だけではなく、、ありとあらゆる領域のユーザーが利用し、「データに基づく意外な発見」を体験してもらうのが狙いとしている。英語版も公開している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -