ニュース
» 2014年10月23日 10時43分 UPDATE

Microsoft、Xbox One用KinectがWindowsでそのまま使えるアダプタを4980円で発売

Microsoftが「Kinect SDK 2.0」のリリースと同時に、Xbox One付属のKinectを「Kinect v2 for Windows」として使えるようにするアダプタを4980円で発売する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは10月22日(現地時間)、「Xbox One」付属のセンサー「Kinect」をWindows 8および8.1搭載のPCおよびタブレットで利用できるようにするアダプタ、「Kinect Adapter for Windows」を発売した。日本の公式オンラインショップでも近いうちに4980円(明記されていないが恐らく税込み)で発売する。

 kinect 0 Kinect Adapter for Windows

 このアダプタをPCのUSB 3.0ポートに接続することで、Xbox One用のKinectを「Kinect v2 for Windows」とまったく同じように使えるという。Kinect v2 for WindowsのMicrosoft Storeでの販売価格は2万1578円(税込み)なので、既にXbox One用のKinectを持っているユーザーにとっては1万6598円の節約になる。ちなみにXbox One用Kinectの単体での参考価格は税抜きで1万4980円(税込みだと約1万6178円)だ。

 kinect 1 Kinect v2 for Windows

 同社はまた、Windows Storeで初めてKinect for Windows向けのアプリを公開した。開発者ではない一般ユーザーも、Windows Storeのアプリをダウンロードすることで、KinectをPCで使ってみることができるようになった。3Dオブジェクト作成アプリの3D Builderや、音声での指示でアニメーションを作れるYAKiTなどが登録されている。

 kinect 2

 また、Kinect SDK 2.0もリリースされた。6月にリリースしたプレビュー版に200以上の更新を加えたという。新SDKはこちらからダウンロードできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -