ニュース
» 2014年10月27日 16時40分 UPDATE

「WiMAX 2+」、CA導入で最大220Mbpsに WiMAXは最大13.3Mbpsに低速化

下り最大110Mbpsの「WiMAX 2+」にキャリアアグリゲーションを導入し、同220Mbpsに高速化。WiMAXを提供している周波数帯域も利用するため、WiMAXは低速化する。

[ITmedia]
画像 キャリアアグリゲーションの概略図

 UQコミュニケーションズは10月27日、下り最大110Mbpsの無線通信サービス「WiMAX 2+」(ワイマックスツープラス)にキャリアアグリゲーション(CA)を導入し、同220Mbpsに高速化すると発表した。WiMAXを提供している周波数帯域も利用するため、WiMAXで下り最大40Mbpsのエリアは、同13.3Mbpsに低速化する。

 CAは、複数の電波を同時に使用してデータ通信を高速化する技術。WiMAXで利用している30MHz幅のうち20MHzをWiMAX 2+サービスへ切り替え、すでにWiMAX 2+サービスを提供している20MHzと合わせてCAを導入し、高速化する。

 WiMAXの最大速度は落ちるが、WiMAXのルータをWiMAX 2+に無料で交換できるキャンペーン「WiMAX 2+ 史上最大のタダ替え大作戦」を11月1日から開始し、乗り換えを促す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -