ニュース
» 2014年10月31日 07時34分 UPDATE

産業制御システムを狙うマルウェア、米ICS-CERTが注意呼び掛け

マルウェア「BlackEnergy」の亜種が相当数のICS環境に感染しているのが見つかったという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 産業制御システム(ICS)を狙った高度なマルウェアが出回っているとして、米セキュリティ機関のICS-CERTなどが注意を呼び掛けている。

 ICS-CERTによると、マルウェア「BlackEnergy」の亜種が相当数のICS環境に感染しているのを発見し、調べたところ、この攻撃は少なくとも2011年から発生していたとみられることが判明した。複数の企業でインターネットに接続されたヒューマンマシンインタフェース(HMI)からマルウェアが見つかったという。

 これまでに感染が確認されたのは、GE Cimplicity、Advantech/Broadwin WebAccess、Siemens WinCCなどのHMI製品。他のベンダーの製品も標的にされているかどうかは現時点で不明だとしている。

 GE Cimplicityについては、2012年1月ごろからHMI製品の脆弱性が悪用されていたことが分かった。GEはこの脆弱性に関する情報を2013年13日に公開し、ICS-CERTも2014年1月にアドバイザリーを出していた。

 WinCCとAdvantech/Broadwin WebAccessについてはまだ感染経路が確認できていないという。

 産業制御システムを狙う攻撃については、セキュリティ企業などが以前から、ロシアのサイバー攻撃集団「Sandworm」の存在を指摘していた。この集団は、Microsoftが10月の月例セキュリティ更新プログラムで対処したWindowsとWindows Server 2008/2012の脆弱性を突くゼロデイ攻撃を展開していたとされる。

 ICS-CERTは、今回の攻撃にも同じ集団が絡んでいると推定している。

関連キーワード

マルウェア | 脆弱性 | サイバー攻撃


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -