ニュース
» 2014年10月31日 11時40分 UPDATE

世界タブレット出荷、Appleは出荷減少でも首位、5位にまさかのRCA

米調査会社IDCの6〜9月期の世界におけるタブレット出荷台数調査によると、Appleが出荷台数を落としながらも首位を守り、2位も変わらずSamsungだった。5位には米国で新学期向けの安価タブレットを販売したRCAが初ランクインした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米調査会社IDCが10月30日(現地時間)に発表した2014年第3四半期(6〜9月)の世界タブレット市場調査によると、同四半期のタブレット総出荷台数は、前年同期比11.5%増の5380万台だった。米国の新学期(9月)に向けた各社のプロモーションが奏効し、前期比でも11.2%増加した。

 米Appleが出荷台数を落としながらも不動の首位、韓国Samsung Electronicsは出荷台数は伸ばしたものの、シェアは1ポイント減らしての2位。3位は台湾ASUSTeK Computerが中国Lenovoから奪い、Lenovoが4位に。5位には米国で新学期向け低価格タブレットを販売した米RCAが出荷台数を前年同期比194%伸ばして初ランクインした。圏外に落ちたのは台湾Acerだ。

 RCAは同四半期に米Wall-Martと提携し、新学期を迎える学生向けに7インチタブレットを90ドル、10インチタブレットを200ドルで販売した。

 rca
2014年第3四半期のメーカー別世界タブレット出荷トップ5(単位:百万台)
順位 メーカー名 3Q14出荷台数 3Q14市場シェア(%) 3Q13出荷台数 3Q13市場シェア(%) 出荷台数伸び率(%)
1 Apple 12.3 22.8 14.1 29.2 -12.8
2 Samsung 9.9 18.3 9.3 19.3 5.6
3 ASUS 3.5 6.5 3.6 7.4 -0.9
4 Lenovo 3.0 5.7 2.3 4.8 30.6
5 RCA 2.6 4.9 0.9 1.8 194.0
その他 22.5 41.8 18.1 37.4 24.4
合計 53.8 100.0 48.3 100.0 11.5
(資料:IDC)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -