ニュース
» 2014年11月04日 13時40分 UPDATE

Windows 10版IEをMac/iOS/Androidで開ける開発者向け「RemoteIE」リリース

Microsoftが、Windows 10のテクニカルプレビューをインストールせずにWindows 10版IEをテストできる「RemoteIE」のプレビュー版をMac、iOS、Android、Windows向けにリリースした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは11月3日(現地時間)、Mac、iOS、Android、WindowsでWindows 10のInternet Explorer(IE)のリモート版を表示する「RemoteIE」のプレビュー版をリリースしたと発表した。

 Webアプリ開発者やWebサイトオーナーは、Windows 10のテクニカルプレビューをインストールすることなく、最新版IEでのアプリやWebサイトの表示を確認できる。

 RemoteIEを利用するには、Microsoftの専用ページでMicrosoftアカウントでサインアップし、Azure RemoteAppプレビューのクライアントアプリをダウンロード・インストールしてRemoteAppの設定でIEを選択する(Azure RemoteAppについてはこちらの記事を参照されたい)。

 ie

 RemoteIEはテストのためのものであり、セッションは最長60分まで。10分以上セッションがないと、自動的にログアウトする。アクセスするユーザーが多いと、利用を待つようにというメッセージが表示されることもある。

 Windows 10のアップデートでIEもアップデートされた場合、RemoteIEもアップデートされる。

 RemoteIEはWindows Server 2012 R2で稼働するため、IE 11より古いバージョンはサポートしないが、将来的にサポートすることも検討しているという(IE6は対象外)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -