ニュース
» 2014年11月06日 09時50分 UPDATE

Googleドライブのファイルをデスクトップアプリで開けるChrome拡張機能

新Chrome拡張機能を追加すれば、Googleドライブに保存したMicrosoft Office文書やAdobe Photoshopのファイルを、PCあるいはMacのデスクトップにアプリがインストールされていれば、それらのアプリで開いて編集・保存できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月5日(現地時間)、Googleドライブ上のファイルをデスクトップ(PCあるいはMac)にインストールしてあるアプリで開き、編集できるようにするChromeブラウザ用拡張機能をリリースした。

 例えばChromeブラウザで表示したGoogleドライブ上の画像ファイルのアイコンを右クリックして「アプリを開く」を選択すると、これまでは「Googleドキュメント」やサードパーティー製の画像編集用Webアプリが選択肢として表示されたが、それに加えてPhotoshopやIllustratorなど、デスクトップにインストールしてあるアプリも表示されるようになる。例えばPhotoshopを選択すれば、Googleドライブ上の画像をそのままPhotoshopで編集でき、保存するとそのままGoogleドライブ上に保存される。

 drive 1 ファイルを開くためのアプリの選択肢にデスクトップにインストールしてあるアプリが表示される

 この機能を利用するためには、PCあるいはMac版Googleドライブの最新版(Ver.1.18)をインストールしておく必要がある。最新版をインストールすることでも自動的に拡張機能がインストールされる。拡張機能をインストールしてからChromeでGoogleドライブを最初に開こうとすると以下の通知が表示されるので、「拡張機能を有効にする」をクリックする。

 drive 2

 Googleドライブでは、6月からGoogleドライブ上のMicrosoft OfficeファイルをGoogle Docsアプリで編集し、Officeファイルとして保存できたが、新拡張機能を使えば(デスクトップにOfficeをインストールしていれば)Officeで編集・保存できる。

 drice 3

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -