ニュース
» 2014年11月07日 09時57分 UPDATE

Amazon、音声制御のWi-Fiスピーカー「Echo」を199ドルで発売へ

Amazonが、SiriやGoogle Nowのようなアシスタント機能を備えるWi-Fi/Bluetoothスピーカーを発表した。米国のプライム会員なら99ドルで予約できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comは11月6日(現地時間)、Wi-FiとBluetoothで接続しクラウドや端末内のコンテンツ再生のスピーカーとして使える「Amazon Echo」を発表した。音声での制御が可能だ。米国で199ドルで近日中にまずは招待制で発売する。年会費99ドルのAmazonプライム会員の場合は99ドルで購入できる。

 echo 1 Amazon Echo

 EchoはWi-Fiに接続し、対応する無料のAndroid/Fire OSアプリ(デスクトップとiOSの場合はWebブラウザ経由)で設定する。

 スピーカー上部7カ所に設置されたマイクで音声をキャッチするので、部屋のどこからでも音声で命令できるという。音楽再生中でも命令を受けられる。

 Amazonの音楽サービス「Amazon Music」と「Prime Music」だけでなくiHeartRadioとTuneInにも対応し、さらにBluetoothで接続した端末でストリーミングするSpotifyやiTunes Music、Pandoraもこのスピーカーから流せる。オーディオとしては、2.5インチのウーファーと2.0インチのツイーターを搭載し、360度に均一にサウンドを届けられるとしている。

 echo 2

 EchoはWi-FiでAmazon Web Services(AWS)に接続しており、音声でのさまざまな質問に答える。米AppleのSiriや米GoogleのGoogle Nowのようなパーソナルアシスタント機能も備えるということだ。「Alexa」と呼び掛けてから質問すると女性の声で答える(記事末の動画を参照のこと)。

 米Wall Street Journalによると、Alexaという名前はアレクサンドリア図書館(世界中の文献収集を目的に紀元前にエジプトで開設された図書館)への敬意を表したもので、今後呼び掛けのフレーズはカスタマイズできるようにする計画という。

 例えば、天気予報(アプリで位置情報を設定していれば地元の天気予報)やWikipediaでの用語の定義などを質問すれば、音声で回答を得られる。さらに、アラームの設定、ショッピングリストへの買いたいものの追加、To-Doリストへの項目追加なども音声でできる。音楽再生では、例えば「ブルーノ・マーズの曲を再生」などとアーティスト指定での再生が可能だ。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -