ニュース
» 2014年11月10日 06時45分 UPDATE

Facebook、ニュースフィード表示の調整機能を追加

「個別の投稿を非表示にする」、「特定の友達の投稿をすべて非表示にする」に加え、「特定の友達の投稿の表示を少なくする」という選択肢が加わる。また、フォローをやめた相手の一覧・復活が簡単になる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Facebookは11月7日(現地時間)、ニュースフィードの表示改善を目的とする機能を追加したと発表した。

 Facebookのニュースフィードは、基本的にはユーザーが「いいね!」した友達とFacebookページの投稿が表示されるものだが、表示される投稿の優先順位はFacebook独自のアルゴリズムで調整されており、ユーザーのアクティビティが反映されて変化する。例えば友達の投稿に「いいね!」しないでいると、その友達の投稿があまり表示されなくなったり、他の多数のユーザーが「いいね!」した投稿が優先的に表示されたりする。

 今回、投稿の右上にある下向きの[<]アイコンをクリック(タップ)すると表示されるメニューが変わり、友達ごとに表示の優先度をある程度調整できるようになる(本稿執筆現在、筆者の環境ではまだ反映さていない)。

 表示したくない投稿の右上のアイコンをクリック(タップ)して「非表示にする」を選ぶと、「○○さん(その記事の投稿者の名前が入る)からの投稿の表示を減らす」という選択肢が表示される(下図左)。これを選ぶとさらに「○○さんのフォローをやめる」という選択肢が表示され(下図中央)、これを選ぶとその投稿だけでなく、その友達からのすべての投稿がニュースフィードに表示されなくなる(下図右)。(新機能が反映されていない状態でモバイルで「非表示にする」を選択すると元に戻せないので注意。)

 feed 1

 「フォローをやめる」と、友達状態のまま相手の投稿が表示されなくなる。付き合いで友達承認したものの、あまり見たくない投稿が多い相手などに適用できる。この設定は2013年12月から可能になっている

 なお、投稿の表示を少なくしたりフォローをやめたりしたことは、相手には通知されない。

 フォローを復活させる手順も変更される。ツールバーの右端にある[▼](デスクトップの場合、モバイルアプリの場合は画面左下の[その他])のメニューに「ニュースフィードの管理」という項目が追加され、これを選択すると自分が「いいね!」した友達、Facebookページ、グループをタブ別に一覧できる。各タブで、前の週によく見た相手の一覧と、フォローをやめている相手の一覧を確認できる。フォローしていない相手は右に「フォローする」と表示されており、これをクリック(タップ)すると「フォロー中」に変わり、ニュースフィードでの投稿表示が復活する。

 feed 2

 FacebookのニュースフィードについてはTwitterのようにすべての投稿を時系列に表示して欲しいという要望が常にあり、先日開催された「Q&A with Mark」でも会場のユーザーがマーク・ザッカーバーグCEOにそう訴えたが、ザッカーバーグ氏は投稿数が膨大であることを理由にアルゴリズムによる調整が必要だと主張し、ユーザーにとってより関連性の高い投稿を優先的に表示できるよう常に改良していると語った。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -