ニュース
» 2014年11月11日 12時29分 UPDATE

Chromebook、日本でも個人向け販売スタート デル、ASUS、Acerから

GoogleのChrome OSを搭載するノートPC「Chromebook」の個人向け販売が日本でも始まる。

[ITmedia]

 米GoogleのChrome OSを搭載するノートPC「Chromebook」の個人向け販売が日本でも始まる。デルが11月11日に販売を始めたほか、日本エイサー、ASUS JAPANも順次販売を開始する。米国では安価なChromebookの市場シェアが急速に拡大しており、日本でもPC市場の台風の目になる可能性もある。

 デルは11月11日、「Dell Chromebook 11」の個人向け販売を開始。11.6インチ(1366×768ピクセル)液晶ディスプレイとCeleron 2955U/1.4GHz、16Gバイトストレージを搭載し、バッテリー駆動時間は最大10時間。2Gバイトメモリモデルの価格は3万1980円(税別)だ。

photo デルのChromebook 11

 ChromebookはLinuxベースのChrome OSを搭載し、Chromeブラウザを使ってWebベースのアプリを利用するPC。OSやアプリは常に最新バージョンにアップデートされ、高速に起動するのも特徴だ。

 米調査会社のNPD Groupによると、米国では今年1〜5月のノートPC販売でChromebookが35%を占めるまでに成長している。

Acerは「Chromebook C720」

 日本エイサーは11月13日から、「Acer Chromebook C720」を個人向けに販売する。

 11.6インチ(1366×768ピクセル)の液晶ディスプレイとCeleron 2955U/1.4GHz、4Gバイトメモリ、16Gバイトストレージを搭載。価格はオープン。

photo Chromebook C720

ASUSは小型デスクトップ「Chromebox」も

 ASUS JAPANは「ASUS Chrome C300MA」を個人向けにも12月中旬から発売。Chrome OSを搭載した小型PC「ASUS Chromebox」も同時期に発売する。


画像 C300MAブラックモデル
画像 英語キーボードのC300MA

 Chrome C300MAは、日本語キーボードを搭載したブラック・ホワイトモデルと、英語キーボードを搭載したスカイブルー・バレンシアオレンジ・ハニーイエローモデルをラインアップ。英語キーボード搭載モデルは直販サイト限定販売となる。

画像 Chromebox

 それぞれ、ディスプレイは13.3インチ(1366×768ピクセル表示)、CPUはCeleron N2830、バッテリー駆動時間は約10時間、サイズは329mm×奥行き230mm×高さ20.3mm、重さは約1.4キロ。日本語キーボードモデルは4Gバイトメモリと32GバイトeMMCを、英語キーボードモデルは2Gバイトメモリと16GバイトeMMCを搭載した。

 Chromeboxは、124(幅)×124(奥行き)×42(高さ)ミリ・重さ0.6キロとコンパクト設計なデスクトップ。CPUはCeleron 2955U、メモリは4Gバイト、ストレージは16GバイトSSD。HDMI端子×1、USB3.0端子×5、SDHCメモリーカード・マルチメディアカードリーダーなどを備える。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -