ニュース
» 2014年11月12日 20時40分 UPDATE

14年度下期の国内PC市場、大幅落ち込み予測 部品価格高騰がメーカーに追い打ち MM総研

14年度下期(10〜3月)の国内PC市場はXP需要の反動減で前年同期から大幅に落ち込むとMM総研が予測。部品価格の上昇も追い打ちをかけ、PCビジネスは厳しい局面を迎えるとみている。

[ITmedia]

 MM総研が11月12日発表した2014年度上期(4〜9月)の国内PC市場は、出荷数は2.7%減の672.2万台にとどまったものの、円安による部品価格上昇に伴う値上げから出荷金額は9.8%増の5367億円だった。

 ただ、下期(10〜3月)はWindows XP移行特需にわいた前年同期からの反動減で大幅な落ち込みを予測。部品価格高騰も追い打ちをかけ、国内PCビジネスは厳しい局面を迎えるとみている。

 上期は、個人市場向けは4.2%増の266.5万台とXP移行需要が続いてプラスだったが、法人向けは反動が現れ6.8%減の405.7万台にとどまった。

 メーカー別ではNECレノボが190.8万台でシェアを1.3ポイント伸ばし28.4%でトップ。富士通が121.1万台で18.0%、東芝が86.4万台で12.9%だった。Appleは35万台でシェア5.2%とほぼ横ばい。

photo MM総研のニュースリリースより

 下期は前年(960.1万台)から34.7%減の626.5万台と、同社の統計史上最大の落ち込みを予測。出荷金額も約7%減の4700億円にとどまるとした。

 XP特需の反動減が起きている中、部品価格上昇分の製品価格への転嫁は難しい状況だと指摘し、「実質的にほぼ輸入となっているPC産業は原材料や完成品輸入価格の高騰で厳しい局面を迎え、メーカー再編だけでなく販売や保守、周辺機器事業など国内のサプライチェーン全体にも悪影響が出ることが予想される」としている。

photo MM総研のニュースリリースより

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -