ニュース
» 2014年11月20日 16時28分 UPDATE

IoT開発ガジェット「Kinoma Create」の日本上陸間近? 東京ミートアップ初開催

IoT機器を簡単に開発できるガジェット「Kinoma Create」が日本上陸間近? というわけで東京で初のミートアップが開催される。

[松尾公也,ITmedia]

 米半導体メーカーMarvellは、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)機器を簡単に開発できるガジェット「Kinoma Create」を日本に投入予定だ。その第1弾として、11月25日、東京で初めてのミートアップを開催する。

photo Kinoma Createの米国価格は150ドル
photo 米Marvellからは日本人開発者であるBasuke氏も参加

 「Kinoma Create」はQuickTimeの開発者として知られているピーター・ハディー氏を中心に開発された、手のひらサイズのコンパクトなIoTプロトタイピング用デバイス。カラータッチパネルを備え、各種センサーを接続可能で、JavaScriptを使って簡単にプログラミングできる。

 クラウドファンディングのIndiegogoで資金を調達し、米国では既に支援者への出荷が開始されている。現在は149.95ドルで販売。日本での販路も現在調整中だという。

 東京でのミートアップは11月25日午後6時30分から、アーツ千代田3331(千代田区外神田6丁目11-14)で開催される。Kinoma Createの開発チームが来日し、ハンズオン、開発環境の講習、センサーを使った実機テストとWi-Fiリモートデバッグ、簡単なプロジェクトの作成まで行う予定だ。当日はWi-Fiを備えたMac、PC、Linuxノートを持ち込む必要がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -