ニュース
» 2014年11月20日 17時57分 UPDATE

北海道新幹線は「はやぶさ」「はやて」 H5系シンボルマークも決定

2015年度末開業予定の北海道新幹線は「はやぶさ」「はやて」に。H5系のシンボルマークも決まった。

[ITmedia]

 JR北海道とJR東日本は11月20日、2015年度末開業予定の北海道新幹線について、列車名を「はやぶさ」「はやて」に決めたと発表した。「H5」系に使用するシンボルマークのデザインも公表した。

 「はやぶさ」は東京・仙台〜新函館北斗間を直通運転する列車に、「はやて」は盛岡〜新函館北斗間を直通運転する列車・新青森〜新函館北斗間を運転する列車に使用する。分かりやすさと親しみやすさを考慮し、東京から北へ向かう列車として既に定着している名前に決めたという。

photo H5系シンボルマーク

 シンボルマークは「北海道の雄大さと、北海道へも飛来するシロハヤブサをモチーフに、北の大地と本州が新幹線で結ばれることによる速達性と利便性、地域間交流の広がりを表現している」という。H5系の1・3・5・7・10号車の両側面(1編成10カ所)に配置する。

 開業に合わせ、函館駅と新函館北斗駅を結ぶアクセス列車用車両を4編成(12両)製作する。札幌圏で運行している733系電車をベースに、新幹線との連携・一体感と函館らしさ・北海道らしさをコンセプトに内外装の一部を変更するという。愛称は公募し、郵送かJR北海道のWebサイトで12月22日まで受け付ける。

photo アクセス列車のイメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -