ニュース
» 2014年11月25日 18時35分 UPDATE

東京メトロ・都営地下鉄143駅で無料Wi-Fi 訪日外国人向け、日本人も利用OK

東京都交通局と東京メトロの駅のうち143駅で12月1日から無料Wi-Fiサービスがスタートする。訪日外国人の利用を想定しているが、日本人も利用できる。

[ITmedia]
画像 サービスの告知ポスター

 東京都交通局と東京メトロは、東京の地下鉄駅のうち、多くの訪日外国人の利用が見込める143駅で12月1日から、スマートフォン/タブレット向け無料Wi-Fiサービスを始める。東京五輪を見据え、訪日外国人の利用を想定しているが、日本人も利用できる。

 エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)が提供するWi-Fi認証アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」(iOS/Android)に参画。アプリの利用登録を行えば、浅草線 浅草駅や銀座線 表参道駅など都営・メトロの対象の駅に加え、既にサービス提供中の都営バスでも無料Wi-Fiを利用できる。

 SSIDは都営地下鉄が「Toei_Subway_Free_Wi-Fi」、東京メトロが「Metro_Free_Wi-Fi」。利用時間は1回当たり3時間で、回数制限はない。

画像 対象の駅

 都営バスは昨年度から無料Wi-Fiサービスを提供中。「Japan Connected-free Wi-Fi」は、都営地下鉄やメトロ、都営バスに加え、NTTBPが無料Wi-Fiを提供している主要空港や観光施設など約9万のアクセスポイントに対応している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -