ニュース
» 2014年12月01日 17時00分 UPDATE

Amazon、Kivaロボットが走り回る最新物流センターの動画を公開

Amazonがホリデーシーズンに突入に合わせ、Kivaロボットや大型ロボットアームを装備した最新物流センターの動画を公開した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comは12月1日(現地時間)、米国の“第8世代”の先端物流センターの内部を公開した。

 2012年に買収したロボット企業Kivaのロボットや“地球最大の”ロボットアームを備える他、人間の従業員のためのPCシステムも改善したという。第8世代の物流センターは全米に10カ所あり、1万5000台のKivaロボットが働いている。

 kiva 整然と並び、一斉に別方向に動き出すKivaたち
 kiva 2 7段積みのラックを1人で運ぶKiva
 kiva 3 “地球最大の”ロボットアーム「Robo-Stow」

 Amazonは昨年のホリデーシーズンに、配送業者のUnited Parcel Service(UPS)とFedExの配送遅延が原因でクリスマス(12月25日)までに届けると保証したプレゼントの一部を配送できなかった

 今年は10月に、ホリデーシーズンに向けて8万人を臨時雇用すると発表した。ホリデーシーズン開始時期であるこのタイミングでの新物流センターの紹介は、今年は遅延しないという顧客へのアピールとみられる。

 Kivaが走り回る様子はこちらで視聴できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -