ニュース
» 2014年12月03日 19時17分 UPDATE

国立国会図書館、デジタル展示「近代日本とフランス」公開 日本初の翻訳本や明治のファッション誌など

日本とフランスの交流の歴史をテーマとしたデジタル展示「近代日本とフランス――憧れ、出会い、交流」を国立国会図書館が公開した。書籍や雑誌、図版などが紹介されている。

[ITmedia]

 国立国会図書館は12月3日、日本とフランスの交流の歴史をテーマとしたデジタル展示会「近代日本とフランス――憧れ、出会い、交流」をオープンした。

photo

 芸術からライフスタイルまで、日本人の憧れの的であり続けてきたフランス文化。1858年の日仏修好通商条約締結に始まる両国の交流の歩みを、政治や産業、文学、芸術、ライフスタイル、サブカルチャーなどの分野ごとに約200点の資料で紹介している。

 明治の初めにフランスへ留学した西園寺公望、中江兆民らが帰国後に創刊した自由主義的新聞「東洋自由新聞」、日本で初めてフランス語から翻訳された文学作品「八十日間世界一周」(ジュール・ベルヌ)、明治・大正・昭和の各年代でフランス文化を紹介した料理・ファッション・映画雑誌などをデジタル資料として閲覧できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -