ニュース
» 2014年12月05日 15時17分 UPDATE

Uber、アジア太平洋地域でのサービス拡大を目指し12億ドル増資

UberのカラニックCEOは12億ドルの資金調達を発表する公式ブログで、同社は急激に成長しており、そうした成長は痛みを伴うものだが数カ月で問題を解決できると、最近のプライバシー問題炎上を含む諸問題について触れた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米配車サービスのUberは12月4日(現地時間)、12億ドル(約1440億円)の増資を行ったと発表した。出資者などについての詳細は公表されていない。

 同社はこの資金を、主にアジア太平洋地域でのサービス拡大に投じるとしている。

 Uberは現在、日本を含む50カ国の250以上の都市でサービスを提供しており、1年で約6倍に成長したという。2015年だけで100万以上の雇用を創出する計画だ。

 uber トラビス・カラニックCEO

 同社のトラビス・カラニックCEOはこの発表文で、「こうした(急激な)成長には激しい成長痛が伴うものだ」と、競合他社とのあつれきや最近のプライバシー問題の炎上についてコメントした。

 最近では、同社の従業員は誰でも乗客の詳細なデータを追跡するツールを利用できると報じられた。同社はこれを受け、大手法律事務所Hogan Lovellsによる監査を実施すると発表している。

 カラニック氏は「幸い、迅速な行動はUberが得意とするところだ。数カ月中には問題を解決できるだろう」と語った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -