ニュース
» 2014年12月05日 15時44分 UPDATE

「はやぶさ2」から画像届く 寄付で搭載されたカメラが撮影

はやぶさ2は順調に飛行中。搭載カメラで撮影した画像も届いた。

[ITmedia]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12月5日、小惑星探査機「はやぶさ2」の一連の重要なシーケンスが正常に実施され、「クリティカル運用期間」が終了したと発表した。搭載カメラで撮影した画像も公開した。

photo はやぶさ2が撮影した画像。サンプラーホーンの先端が見える=JAXA提供

 小惑星表面からサンプルを採取するサンプラーホーンの伸展、3軸制御機能などの確認を終えた。今後、約3カ月間かけて搭載機器の初期機能確認を実施する。

photo モニターカメラの位置と撮影方向

 サンプラーホーンの伸展を確認した画像を公開。撮影した小型モニターカメラは、はやぶさ2のために一般から集まった寄付金(約1176万円)を使って追加搭載された

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -