ニュース
» 2014年12月08日 12時39分 UPDATE

楽天、「ヴィッセル神戸」の経営権取得 Jリーグ参入

楽天が「ヴィッセル神戸」の経営権を取得し、Jリーグに参入する。

[ITmedia]

 楽天は12月8日、サッカーJリーグ1部(J1)の「ヴィッセル神戸」の経営権を取得すると発表した。運営会社の全株式を保有するクリムゾングループから、年内をめどに全株式を譲り受ける。取得額は明らかにしていない。

 クリムゾングループは楽天の三木谷浩史社長の資産管理会社で、三木谷氏が代表を務めている。楽天は2004年から主要企業スポンサーとしてヴィッセル神戸を支援しており、ユニフォームにも楽天のロゴマークがあしらわれている。

 買収により楽天グループとのシナジーを強化し、効率的なマーケティング展開などによって運営基盤を強化するほか、プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」で蓄積してきたプロスポーツ事業を含む経営ノウハウを生かしてヴィッセル神戸の強化・成長を図るとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -