ニュース
» 2014年12月08日 16時40分 UPDATE

Amazon、レストランの出前サービスをまずは地元で開始

Amazonが、家電取付/修理サービスに続けてレストランの出前&テイクアウトサービスを開始した。こちらはまず同社の地元であるシアトルでのスタートだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comがレストランの出前&テイクアウトサービスを、まずは地元であるワシントン州シアトルでスタートした。公式発表はないが、米Engadgetが12月4日(現地時間)に報じた。

 local 1 Amazon Local内に新設されたTakeout & Deliveryコーナー

 Amazonと提携する地元のレストランやコーヒーショップなどのメニューを出前あるいはテイクアウトできる。決済はAmazonのアカウントでオンラインで行う。

 このサービスは、同社が2011年に立ち上げたローカルディール(Grouponのようなクーポンをオファーするサービス)サイト「Amazon Local」の1コーナーとしてスタートした。Amazon Localのサービスは現在、米国の30都市で利用できる。

 Takeout & Deliveryを利用するには、ZIPコード(郵便番号)を入力し、表示されるレストラン一覧から店を選び、メニューを選ぶ。シアトルのZIPコードを入力したところ、141店舗が表示された。

 loca. 2 ベジタリアンレストランや寿司屋、イタリアンなど141店舗から選べる

 例えば寿司屋のBilly Beach Sushi & Barでは、店内と同じ値段で同じメニューを扱っている(出前料金が加算されるかどうかは確認していない)。出前時間はいずれの店も約30分となっている。

 Amazonは11月末にはローカルの業者による家電取付などの出張サービス「Amazon Local Services」も立ち上げた。小売店向けのモバイル決済サービス「Amazon Local Register」も提供しており、ローカルビジネスの取り込みを加速させている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -