ニュース
» 2014年12月08日 19時10分 UPDATE

歩きながら指をかざすだけで本人確認 日立、ウォークスルー型指静脈認証技術を開発

歩きながら指をかざすだけで正確な本人確認ができるウォークスルー型指静脈認証技術を日立製作所が開発した。

[ITmedia]
画像 開発したウォークスルー型指静脈認証ゲート

 日立製作所は12月8日、歩きながら指をかざすだけで正確な本人確認ができるウォークスルー型指静脈認証技術を開発したと発表した。イベント会場やスポーツ競技場など多くの人が集まる大型施設で、立ち止まる必要なくスムーズな本人確認ができるとしている。

 従来の指静脈認証は、決められた位置に指を置く方式のため立ち止まる必要があった。新技術では、指の検出範囲を手全体が収まるほどの大きな空間に広げ、その空間内ならかざした指の数や位置・向きが変化しても瞬時に指静脈パターンを検知できるようにした。

 かざした指の位置と向きに合わせて静脈観察用の光を自動制御し、最適な位置から照射することで、鮮明な静脈パターンを撮影する技術を開発。各指の静脈パターンを組み合わせて用いることで、1本の指だけの照合に比べて認証精度をさらに高めた。

 空港の入国管理などでは指紋認証や顔認証を用いた本人確認が行われているが、立ち止まる必要があるため人が集中すると混雑するという課題があった。新技術は「従来にない高い利便性を提供するセキュリティ技術」と位置付け、セキュリティソリューションの中核技術として事業拡大を目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -