ニュース
» 2014年12月12日 14時32分 UPDATE

「小悪魔ageha」のインフォレストが自己破産

「小悪魔ageha」で知られるインフォレストと関係会社2社が自己破産した。

[ITmedia]
画像 小悪魔ageha

 帝国データバンクによると、雑誌「小悪魔ageha」で知られるインフォレストと関係会社のインフォレストマーケティング、インフォレストパブリッシングの3社が11月25日付けで東京地裁に自己破産を申請し、12月9日に破産手続き開始決定を受けた。インフォレストは4月に事業を停止していた

 負債は、インフォレストが約29億円、インフォレストマーケティングが約5億3800万円、インフォレストパブリッシングが約4億8400万円、3社合計で約39億2200万円。

 インフォレストは2002年に英知出版から会社分割する形で設立。傘下の出版部門で「小悪魔ageha」のほか「女子カメラ」、PC誌「PC・GIGA」などを展開し、2008年3月期の売上高は約59億4500万円、新規事業として通販事業を開始した09年3月期には売上高約74億9600万円を計上していたという。

 だが既存雑誌の売り上げが頭打ちとなり、雑誌の廃刊や景気低迷で広告収入も減少。12年3月期には売上高が約43億7900万円にダウン。資金繰りが限界に達し、4月に事業を停止した。その後、出版物などコンテンツの売却を進め、「女子カメラ」はミツバチワークスが譲り受けた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -