ニュース
» 2014年12月15日 14時43分 UPDATE

世界600台限定「ライカM Edition 60」、232万円 背面ディスプレイなし、フィルムカメラのように撮影

写真撮影に必要な最低限の機能のみを搭載したデジタルカメラ「ライカM Edition 60」が全世界600台限定で発売される。

[ITmedia]

 ライカカメラジャパンは12月15日、「ライカMレンジファインダーシステム」の誕生60周年を記念した特別限定モデル「ライカM Edition 60」を20日に発売すると発表した。全世界600セットの限定販売で、価格は232万2000円(税込)。

photo

 デジタルカメラではあるものの、シャッタースピード、絞り、フォーカシングなど写真撮影に必要な最低限の機能のみを集中して搭載。背面には液晶ディスプレイがなく、ISO感度設定ダイヤルのみだ。フレーミングとフォーカシングはビューファインダー(0.68倍、有効基線長47.1ミリ)をのぞいてマニュアルで行う。

photo 背面にディスプレイはなくISOセレクターダイヤルのみ

 機能や設定に気を取られることなく、フレーミングと絞りとシャッタースピードの設定、シャッターを切るという「写真撮影の本質」に集中できる──というコンセプト。「フォトグラフィーの真のクリエイティブな側面をテクノロジーが副次的にサポートするという『アート』を改めて具現化している」という。

 Mマウントのレンズを装着して使用できる(ホロゴンなど一部レンズは不可)。デザインは最新モデル「ライカM-P」をベースにAudiとコラボ。ボディにはステンレススチールと特殊エンボス加工の本皮を使用し、高級感ある仕上がりになっている。価格にはズミルックスM 35ミリF1.4 ASPH.レンズも含まれる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -