ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2014年12月24日 16時33分 UPDATE

映画「妖怪ウォッチ」公開2日で興収16億円突破 東宝新記録

映画「妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」の興行収入が、公開の20日から2日間で16億円を突破。東宝映画の新記録に。

[ITmedia]
画像

 東宝は12月23日、映画「妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」の興行収入が、公開の20日から2日間で16億円を突破したと発表した。公開2日目で16億円突破は東宝映画で新記録という。

 全国408スクリーンで計148万人を動員し、16億2889万円の興行収入を達成した。前売券販売枚数は公開1週間前に100万枚を突破。公開前日に114万枚となり、東宝映画で過去最高を記録した。

 PCと携帯電話を使った初日アンケートによると、客層は男女比51:49、年齢別では、小学1〜3年生が26.1%、0歳〜幼稚園・保育園児が14.4%、小学4〜6年生が8.7%、親世代では30代が28.5%、40〜50代が16.1%となった。

 鑑賞動機(複数回答可)は「テレビアニメの妖怪ウォッチが好きだから」(59.4%)、「入場者プレゼントのダークニャンメダルが欲しかったから」(48.0%)、「内容がおもしろそうだから」(39.6%)、「ゲームの妖怪ウォッチが好きだから」(27.9%)などが多かった。

 映画の満足度は「非常に良かった」が78.2%、「良かった」が17.4%と、合わせて95.6%が満足していた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.