ニュース
» 2015年01月05日 12時31分 UPDATE

2015 CES:1000ドル以下のスマートメガネ「AR Smart Glasses」が年内発売へ

政府や企業向けAR端末を手掛ける米Osterhout Design Groupが、Androidベースのスマートメガネを年内に1000ドルで発売すると発表した。3Dゲームを楽しんだり、ARを利用したハンズフリーの道案内機能などが利用できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 政府や軍向けのウェアラブル端末を手掛ける米Osterhout Design Group(ODG)は1月2日(現地時間)、消費者向けのサングラス型ウェアラブル端末「AR Smart Glasses」を発表した。6日からラスベガスで開催の「2015 International CES」で披露し、年内に1000ドル(約12万円)以下で発売する計画。

 odg 1 AR Smart Glassesのプロトタイプ

 Ray-Banの人気モデル「Wayfarer」に似たデザインのこのプロトタイプは重さ125グラムで、同社の政府/企業向けモデル「R-6」シリーズと同等の機能を持つ。米Qualcommの2.7GHzクアッドコアプロセッサを搭載する。OSはAndroidベースの独自OS「ReticleOS」で、Androidアプリやゲームをインストールできるという。

 プレスリリースには「Androidタブレットでできることはハンズフリーですべてできる」とあり、3D映像を現実空間に重ねるAR機能も備えるという。1つが720pの2枚のディスプレイで55インチ相当の3D映像を構成する。眉間部分に組み込まれたカメラは500万画素で、高速でセンサーと同期してARを最適化する。写真では見えないが、つるの部分にステレオサラウンド対応のイヤホンが付けられるようになっている。Wi-FiとBluetooth 4.0に対応し、GPSも搭載する。

 odg 2

 同社はタブレットではできない用途として、公共交通機関で画面を覗き込まれることなく仕事をしたり、直射日光の下で大画面の3D映画を鑑賞したり、ハンズフリーで進行方向を向いたままでの道案内利用などを挙げている。

 Google Glassのようなスマートグラスは米Googleの他、ソニーや米Intel、エプソンなど多数のメーカーが開発中だ(関連記事を参照されたい)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -