ニュース
» 2015年01月05日 12時55分 UPDATE

「LINE」自作スタンプ、作者の取り分3割減 売り上げの50%→35%に

「LINE Creators Market」で、クリエイターへの売り上げ分配額が50%から35%に減る。LINEへの分配額の増加分は、スタンプの審査期間の短縮化などに投資する。

[ITmedia]
画像 LINE Creators Market

 LINEはこのほど、ユーザーがLINEのスタンプを制作・販売できる「LINE Creators Market」で、クリエイターへの売り上げ分配額を、50%から35%に変更すると発表した。2月1日以降に審査申請のあったスタンプから適用する。LINEへの分配額の増加分は、スタンプの審査期間の短縮化などに投資する。

 LINE Creators Marketは、ユーザーが自作のスタンプを1セット100円で販売でき、売り上げの50%を作者に分配していた。これまで、App Store/Google Playなどの手数料(売り上げの30%)は同社の利益分から出していたが、2月1日申請分以降は、この手数料を差し引いた残り(70%)を、LINEとクリエイターで折半する形に変更する。

 増えたLINEの取り分は、審査を高速化するための審査スタッフの拡充や、スタンプを探しやすくするためのカテゴリ追加など、スタンプショップ刷新のための資金にする。あわせて、振り込み申請に必要な最低支払い金額を1万円から1000円に引き下げ、より多くのクリエイターが売り上げを手元に得られるようにする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -