ニュース
» 2015年01月06日 09時01分 UPDATE

2015 CES:HP、180ドル(約2万円)のWindowsデスクトップ「HP Stream Mini」

HPが、MicrosoftのChrome OS対抗の低価格帯PC「Stream Mini」を発表した。価格はHPのChrome OS搭載デスクトップ「Chromebox」と同じ179.99ドルだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Hewlett-Packard(HP)は1月5日(現地時間)、179.99ドル(約2万1500円)のデスクトップPC「HP Stream Mini Desktop」を発表した。1月14日に米国の公式オンラインショップで発売する。

 この安値は、米Microsoftが昨年5月に発表したBingバンドルの廉価版Windows 8.1の採用で実現した。このOSは、性能はWindows 8.1と同じだが、Internet Explorer(IE)のデフォルトの検索エンジンがBingに設定されているというもの。ユーザーは設定を変えられるので、実質的に普通のWindows 8.1として使える。

 プロセッサは米Intelの1.4GHzCeleron 2957U、RAMは2Gバイト(16Gバイトまで拡張可能)、SSDは32Gバイト。SDカードスロットを備え、HDMI出力(1)、USB(4)、ヘッドフォン、ディスプレイポートを備える。Wi-FiとBluetooth 4.0をサポートする。

 サイズは約14.6×14.5×5.2センチで、重さは約649グラム。

 hp 1 HP Stream Mini Desktop

 内蔵ストレージは32Gバイトだが、MicrosoftのクラウドストレージOneDriveの200Gバイト分を2年間無料で利用できる。Microsoft OfficeあるいはOffice 365のサブスクリプションなどは付属しない。

 HPはChrome OS搭載のデスクトップ端末「Chromebox」も販売している。こちらの価格もStream Miniと同じ179.99ドルだ。

 hp 2 HP Chromebox

 Microsoftは昨年7月、「MicrosoftにはChromebookに対抗するバリュープロポジションがあり、低価格帯PC市場を誰にも明け渡すつもりはない」としてHPがホリデーシーズンに199ドルのノートPCと、7インチおよび8インチディスプレイを搭載する99ドルの“Stream”PCを発売する計画だと発表していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -